事務机にマッチしたオフィスレイアウトを考えて理想の空間づくり

デスク

空間の使い方

オフィス

会社や企業では、オフィスレイアウトは重大なものです。レイアウトは、デスクの配置などによって雰囲気や印象が決まり、社員のやる気などに繋がることもあります。そのため、レイアウトをどのようにするのか、慎重に考える必要があります。ですから、オフィスレイアウト変更を行う際には、オフィスの空間を上手く利用して配置を考えることが大切です。

オフィスには、社員が作業するスペースや会議室などが必要になります。一つの大きな空間であれば、会議室を作るのは難しくなります。しかし、パーテーションをうまく利用して仕切ることで、一つに限らずたくさんのスペースを作ることが可能で、部屋を分けて使用できます。他にも、使用するデスクの形によっても、配置の仕方が変わってきます。L字型のデスクは角におくことができ真ん中空間を広く使うことができます。逆にI字型だと、スペースを無駄なく空けることなくデスクを繋げて使用することができます。このように、オフィスレイアウトを考えて配置を考えることで、使いやすいオフィスに仕上げることができるでしょう。
また、オフィス内でパソコンを使用することが多い場合は、パソコンの配線をどうするかも考えなくてはなりません。配線がむき出しでごちゃごちゃしていると見栄えが悪く、歩いている時に躓いてしまったりする危険があります。そうならないためにも、配線をデスクの下に隠したり、壁に固定したりするとオフィス内がすっきりして、転倒防止に繋がります。オフィスレイアウトを考えるのが難しいという人は、プロに頼んでレイアウトを変更にしてもらうと良いでしょう。

Copyright© 2015 事務机にマッチしたオフィスレイアウトを考えて理想の空間づくりAll Rights Reserved.